治療室物件を契約しました

伝通院指塚の写真

3月1日。貸店舗物件の契約を行いました。地元の不動産屋さんの2階に通され、重要事項説明を受けました。緊張と高揚感が入り混じった特別な時間でした。

貸店舗の使用目的として、指圧・マッサージ業やそれに付随するセミナーを行うことに関してはすぐに理解が得られますが、マインドフルネス瞑想も取り入れたいと思ってます。

治療セッションでは、指圧療法での治療が基本メニューになりますが、こころのセルフケア技法としてマインドフルネス瞑想のアドバイスや練習を組み入れることも考えてます。また希望があればマインドフルネス瞑想主体のケアも行える環境にしたいです。

けっこう広い畳の空間をつくれるので、気軽に利用でき、こころを落ち着かせるプラクティスの場としても活用を考えてます。具体的には朝活マインドフルネスを企画し、マインドフルネス・イーティングの練習として、お粥の朝ごはんを提供したいと考えてます。

物件契約で、不安要素だったのは「瞑想」を業として提供することを大家さんや管理会社が許諾してくれるかどうかでした。マインドフルネスが広まり、一般的になると同時に、カルト団体がマインドフルネスという名前を使って活動しているという話も耳にします。

自分がやりたいことを素直に話しました。身体だけでなく、こころの不調も対応できるような治療室にしたいと。結果、許諾をいただけました。

指圧療法にマインドフルネスを取り入れて、身体とこころの不調に取り組んでいきたいと思います。

場所は不動産屋表記で相模大野から徒歩6分なので、ゆっくり歩いて10分ほど。女子大通りから10mほど入ったところです。また改めてご案内します。内装を考えなきゃ!!

関連記事

  1. promoting mindfulness in psychotherapistsin training influences the treatment results of their patients

    マインドフルネスはセラピストの治療効果にも良い影響があります…

  2. 施術所開設届を提出してきました

  3. オンライン予約ページ

    オンライン予約ページを制作しました

  4. 多職種間連携のための第一歩

  5. 浪越の同期である古河さんがつむぐ指圧治療室にサプライズ訪問してくれました。

    6月13日の正式オープンまで、月・火・水(10・11・12日…

  6. 令和元年6月13日、つむぐ指圧治療室オープン

    6月13日オープン!産経新聞ニュースにつむぐ指圧治療室のオー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP