触れるということ

指圧の基本「触れる」ことについて書いてみようと思います。

指圧やマッサージを受けたとき、施術者の触り方に心地よさを感じることと思います。一方、触れ方が雑だったり荒かったりすると、不快な思いをする場合もあります。不快な思いをされると心も体も防御反応が起きてしまい、その後の施術がいくらいいものだったとしても効果が下がってしまいます。だからこそ、お客様に触れるときは細心の注意を払って触れるよう心がけています。ふわりと優しく触れ、そして圧をいれていきます。

心地よく触れられるとオキシトシンが分泌されることが言われています。すこし前から話題になっているホルモンで、一部では愛情ホルモンや絆ホルモンなどと表現されることもあります。オキシトシンについてはおどろくべき作用や働きがあるのですが、そのお話は次回にしたいと思います。

それでは、今日も指圧のご来店をお待ちしております!(つむぐ指圧治療室 黒澤茜)

関連記事

  1. 触れるということ ー大人の場合ー

  2. 触れるということ-オキシトシン-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP