お腹のセルフ指圧で自律神経を整え、胃腸を元気に!

本日はお腹のセルフ指圧についてお話します。腹部指圧は浪越指圧の中でも、特に重要な部位で、自律神経を整える効果が高い部位です。

お腹のセルフ指圧の押しかた

セルフ指圧でお腹をおす場合、親指はつかわず、主に両手の四指や手掌部を使います。

息を吐きながら、ゆっくりと四指をお腹にしずめていきます。決して無理に押し込まないことが大切です。お腹を含めて、身体にはたくさんのツボ(経穴)があります。身体のどこかに不調があるとき、その反応がツボに現われることがよくあります。反応が出ているツボは、押すと痛かったり響いたりします。ですが、力をいれて無理やり押すと、ツボはその口を閉ざしてしまいます。ツボも身体の一部。生きていると考え、やさしく敬意をもって押します。浪越徳治郎先生は「ほおずきの芯をほぐすように、丹念に凝りをほぐしなさい」と指導していたそうです。

お腹のセルフ指圧・押す部位と順番

①「の」の字掌圧9点

ミズオチから始めて、「の」の字を描くように9点掌圧をします。1点につき3秒ほどで3回繰り返します。①胃、②小腸、③膀胱、④盲腸、⑤肝臓、⑥脾臓、⑦下行結腸、⑧S状結腸、⑨直腸。押しはじめでお腹の表面がまだ固いうちは、手掌部をつかい、面を広く、柔らかく押します。圧を入れる前に十分に息を吸い、静かに深く響くように、徐々に圧を加えながら、息をぜんぶ吐き出すようにします。お腹の固さがほぐれてきたら、両手の三指の先端を接し、四指先で入れるようにすると、さらに奥に圧が入ります。

② おへそ周り8点

続いて、おへそ周りの小さい円を8点でおします。おへその右下から始めて、時計回りに8点。こちらも1点につき3秒ほど、四指先を使い、3回繰り返します。

③輪状掌圧

最後に、両手の手掌部をおへその上にかさねて、重ねた手掌部がすべらないように密着したまま、円を描くように10回回します。

健康長寿の五原則

①快食
旬のものを美味しくいただきましょう。腹部指圧でお腹の調子を整えるとさらに良し!

②快眠
夜はぐっすりと。携帯は機内モードにして寝るのがお勧め。

③快通
規則正しい便通のために、腹部のセルフ指圧と食物線維。朝一杯のお水を飲むのも効果的。

④快働
仕事にレジャーにスポーツに、意欲的に身体を動かすこと全般が「快働」です。

⑤快笑
心からの笑顔は自分だけでなく、周りの人たちも楽しい気持ちにさせてくれます。ワッハッハー!

指圧の誕生

カナダBC州指圧協会が作成した『指圧の誕生』というビデオがあります。浪越徳治郎先生が創設された「指圧」は世界に広がっています。「指圧」は指圧師だけのものではなく、セルフ指圧という形で、全ての方々の健康維持にお役に立てるものであると思っています。また家族間や身近な人、友人などに指圧してあげても喜ばれます。そんな指圧のよさをもっと広めていきたい。いつも私はそう思っています。

関連記事

  1. スマホ症候群にご用心! 肩こり、眼精疲労からストレートネック…

  2. こころと身体をリラックス やってみよう! ボディ・スキャン瞑…

  3. 関節の構造(関節軟骨・関節包・関節腔)と関節痛について

  4. ダイエットにも活かせる仏教の理論 ― マインドフルネス・イー…

  5. ひとりでできる! ぎっくり腰の応急処置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP