正中環軸関節と靱帯

正中環軸関節は頭の骨と脊柱との間にある関節で、頭を左右に回旋させる動きを担います。頚が回りにくいなどの症状で重要となります。しかし、どこか一ヶ所だけに不調の原因があるということは少なく、むしろ筋骨格系の症状は複合的に現われることが多いです。勉強することはいくらでもあります。

頸部の筋や神経などの構造は非常に緻密でデリケートな施術が求められます。圧加減を正確にコントロールできる反作用圧法が頸部の施術には向いています。

関連記事

  1. ショパール関節とリスフラン関節

  2. 膝窩の構成と腰痛との関連について

  3. 梨状筋上孔・梨状筋下孔よりでる脈管・神経(坐骨神経痛との関連…

  4. 大腿中央部の水平断面と筋間中隔、筋膜リリースについて

  5. 骨盤後面の靱帯と大坐骨孔・小坐骨孔

  6. 手の骨(近位手根骨と遠位手根骨)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP