穀雨

今日は二十四節気「穀雨」です。

春雨が降り穀物にたっぷりと水分と栄養が蓄えられる頃。穀雨の終わり頃には八十八夜があります。立春から八十八日目を八十八夜と呼ぶようそうで、今年は五月二日。種まきや田植え、茶摘みなど農作業の時期と重なり、数日後には立夏を控え夏の準備が始まります。新茶には冬に蓄えた栄養やうま味が凝縮されており、新茶をいただくとその一年無病息災、縁起がいいそうです。満開を迎えている藤やハナミズキの花を楽しみながら、今年の新茶が待ち遠しいですね。

さて、今日の一枚はガジュマルです。新芽がどんどん芽吹き元気いっぱい。

それでは、今日もご予約お待ちしております!(茜)

関連記事

  1. 指圧による切診。瀉のトークセン。補の砭石

  2. お客様とのお茶タイム

  3. 解剖学学習を応援 | 骨についての過去問解説

  4. 多職種間連携のための第一歩

  5. てまりてまり

  6. 実践・理論・制作の融合

    起業の背景と社名の由来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP