教材作成は教科書を理解、分解、再構築する科学なり

私にとっての武器は解剖学です。
解剖学の教材作成はライフワークのひとつといってもいいと思います。
お客さんが来ない時間でも、出来る事、やりたいことは沢山あります。
サイトでもアクセスの9割以上はスマートフォンです。
動画での学習コンテンツも、スマホに最適化したものを最近は研究しています。

先日は、四国から医学部の学生さんが指圧を受けに来てくれました。
解剖学のテストで、anatomy tokyoの一問一答が大変役に立ったとのことでした。

どこかの誰かの役にたて、そして遠くから指圧を受けに来てくれる。
とても嬉しいご縁です。

生涯かけてオンラインでの解剖学国家試験対策の学習コンテンツで日本一を目指したいと思います。
もちろん、指圧も頑張ってますよ!
解剖学と同じくらい、指圧にもこだわりをもって行なってます👍

黒澤一弘:解剖学関連学習コンテンツ

anatomy tokyo – 解剖学国試対策
黒澤一弘|note
【解剖学】合格応援マン(@anatomic_study) • Instagram写真と動画
【解剖学】合格応援マンさん (@goukakuouenman) / Twitter

関連記事

  1. 脊柱をつなぐ靱帯

  2. ショパール関節とリスフラン関節

  3. 大腿中央部の水平断面と筋間中隔、筋膜リリースについて

  4. 膝窩の構成と腰痛との関連について

  5. 正中環軸関節と靱帯

  6. 骨盤後面の靱帯と大坐骨孔・小坐骨孔

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP